転職

【アラサー転職】いきなり丸投げされた件【炎上プロジェクト】

今の仕事、職場への嫌悪感が最大にまで高まったとき、人は転職に踏み切る。

もうこのままでは死ぬ、今すぐここから逃げ出したい・・・

そんなあたなの心の声が聞こえてきそうだ。

かくいうぼくも一年前は同じ気持ちだった。勇気を振り絞り退職の意思を上司に告げ、踏み切った。

背水の陣で転職活動を行い、なんとかそのとき求人を出している企業群の中の第一希望の企業からオファーを受け取ることができた。

これでホワイトリーマンライフを享受できる・・・という思いは大変に浅はかであることに後になって気づかされる。

今日は転職先での出来事についてシェアさせていただき、後続の転職者の役に立てれば幸いである。

転職早々

アラサーになってからの転職。もう若手とは言えないゾーンに入ると、人に甘えることが難しくなってくる。

もちろん、その会社の作法はその中の人に聞かねばわからないので、周囲に聞きまくることになる。

  • 組織体系はどうなっているのか
  • この人とあの人はどっちが偉いのか
  • 出張申請、精算はどうやるのか 等々

2度同じことを聞かなくてもいいよう、必死にメモを取りながら教えを請うことを意識しよう。

人が良ければ2回聞いてもノープロブレムだが、そうでなければ一気に詰められることになる。転職早々で関係悪化するのは避けるべきだ。

即戦力という罠

ぼくは、異業種異業界の転職だった。

アラサーにもなってこのような大胆なジョブチェンジができたのは、前職でのハードワークと海外駐在経験があるからに他ならない。

すなわち、「即戦力として採用された」という気負いがあった。これが自分を追い詰めることになる。

上司に何か相談したときに、上司もあまりわかっていない事態に度々遭遇する。

きまって上司は、「お前は優秀だから、お前が決めて良いぞ」という返答をしてくる。

ぼくは耳を疑った。マネジメントは決めることが仕事であるという認識があったからだ。

周囲の話では、その上司は口だけで責任は取らないことで有名という。

お前が決めて良いぞ、というのは、仕事を丸投げされていることとイコールだ。

ふざけんな・・・!

心でそう叫んだものの、アラサーになる自分を拾ってくれた会社に恩義を少なからず感じていたし、能力を買われたという自負もあった。

これも転職あるあるなのだろう。こんなとこで負けられない。なんとかしないと・・・

そう自分を突き動かすしかなかった。

炎上プロジェクトの渦中にいた自分

右も左もわからない中で自ら意思決定しなくてはならない仕事を続けていた。

大きな事業のごく一端を担っているに過ぎない認識があったが、自分が担当している領域が、事業の足を引っ張っていることが次第に見えてきた。

加えて、周囲は誰もテコ入れをしようとしないことも見えてきた。

なぜだ?なぜみんなこんな滅茶苦茶な状態を放置するんだ・・?!

そう思わずにはいられなかった。

今の自分がもつ仮説は、メーカーではこういう状態が往々にしてあり得る、ということだ。

責任の所在が不明。言葉で言えば事業部長なんだけど、その下にいろんな人がいて、その人たちはまた異なるタスクを与えられている。

この炎上プロジェクトにアサインされているのは右も左もわからない自分だけだった、ということだ。とはいえ自分はなんの権限も持たないただの社員だ。

その時点で、直属の上司は異動、前任は退職していた。過去を知る人はいなかった。

打破するために

誰も助けてくれない状況に陥りながらも、なんとか事態を打破できないか必死に向き合った。

  • あるべき姿定義
  • 現状分析
  • 問題点洗い出し
  • 打ち手考察
  • 実行・検証

自分なりに取り組むしかなかった。情報も整備されていない中で、仮説ばかりで自信のある提言ができたとは思わない。

そんな前提もなく、上の人間はこっぴどくダメ出し、もしくは、聞く耳を持たない、という状況が散見されていた。

構造的な問題を解決するには、上から攻めるのが定石だ。ここはまだ道半ばだが、攻略法を見出すしかないと考えている。

心の拠りどころ

正直、やるせなくて仕方がないが、ブラック度合いでいえば前職のほうが断然上だったことを思いだすと気が楽になる。

所詮はサラリーマンだ。労働力を提供しているに過ぎない。自分が理不尽な問題を背負わされる筋合いはない。

嫌なら辞めてやる・・と言えるほど社会主義経済で成功を得られていればよいのだけど。そうでないなら、まだ続けるしかない現実も垣間見える。

リーマンをディスりながらも、そこにいる自分、というアンビバレントな状況を遠目で見るとこれまた気が軽くなる。

サラリーマンの実態

ふとこんなツイートをした。

これが今のぼくの答えだ。

サラリーマンは不自由だ。上司や組織には抗えない。たとえどんなに良いと言われる業界・企業にいようが、その中で働く人やプロジェクトが駄目だと、一気におかしくなる。ブラック化してしまう。

ぼくは、まだ次の転職は真剣に考えていない。まだやれることはあるという思い、まだまだ下積みしなくては、という思いがあるからだ。待遇がそこそこいいのも見逃せない。

根本的には、次の職場に移ったとしてもまた新しい問題に遭遇することは免れないと確信しているからだ。

サラリーマンである以上は、どこにいようが同じような悩みを抱くということ。まだやれるという気持ちがある限りは、今の環境で歯を食いしばることをぼくはおすすめしたい。

目指すべき方向性

そして大事なことは、何を目指すかだ。

  1. サラリーマンとしてキャリアアップを目指すか
  2. そこそこでプライベートを楽しむことに徹するか
  3. サラリーマンの卒業を求めて活動するか

ぼくは①に希望は見出せなくなっている。②は一見ありだが嫌な仕事・お金の問題からは逃げられない。となると、③に活路を見出すことが一筋の光だ。

正直、まだまだ現実味のないゴールであるが、いかにリアルにこのゴールを頭に思い描けるかだ。

日々の思考の振り返りと、禁欲が鍵を握るのは間違いない。

禁欲とは資本主義経済に抗うための「基本装備」である 最近はVoicyでサウザーラジオを聞きまくっている。 やはり知に触れることは偉大だ。引き上げられる。 そんな尊敬の念...

以上/特命リーマン

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA