転職・就職

転職先選びはガチャである件

こんにちは、特命リーマンです。

転職を果たして数ヶ月が経ちますが、いまだに良い転職だったのかわかりませんw 本当に思い通りにいかないことばかり。。

しかし、一つ言えることは、転職したことを決して後悔はしていないということです。

転職先選びに成功する人がいれば失敗する人もいるのが世の常です。

はっきりいうと、転職先選びはガチャです。運ゲーです。

新卒で入った会社が良い会社だったら、転職しようと思わないでしょう?w

もうね、そんなもんだと割り切らねばなりません。その理由を紹介していきます。

いくら事前に情報を収集したとしても、実際に働いてみないとわからない

仕事内容にしろ、働く仲間にしろ、勤務地にしろ、実際に働いてみないとわからないもんなんです。

入ってすぐに募集要項と違うことをさせられるなんて、普通にあります。なぜわかるかって?ぼくがそうだったからですw

エージェント

大半の方は人材紹介会社を利用すると思います。(ぜひ利用しましょう)

エージェントは、あなたを企業に入れることでご飯を食べている人たちです。

みなさん志を持ってエージェントをされていると思いますが、こちらは厳しい目で接しなくてはなりません。

いくらエージェントが、「この企業は成長しているし、おすすめですよ!」と言ったところで、入って上司がクソだったら何の役に立ちません。

そこまでエージェントが把握しているはずがありません。

Vorker

気になる企業で勤めている人の口コミが読める有料サイトです。

ここを見て何となく雰囲気を掴みたくなりますよね。

でも、結局はそこまで参考にならないんですよ。あくまで、娯楽でしかありません。

どこの馬の骨かわからん人の口コミを見て、何の信憑性があるでしょうか?

気休めにしかなりませんよね。

ネット情報

とりあえずGoogleで「企業名 転職」とかで調べますよね。

〇〇にいけば間違いない!とか見たら嬉しい気持ちになったり、

XXはブラックだから気を付けろ!とか見たら憂鬱な気持ちになったり。

ネット情報を鵜呑みにするのは浅はかすぎると言わざるを得ません。

就活のときにOB訪問をされた方も多いのではないでしょうか?でも結局は、自分がどう感じるかはそのOBとは違うでしょうし、あくまで参考、アピールでしかないのです。

チェックすべきは待遇

年収

なぜ働くかって?そりゃお金のためでしょう。

条件合意にあたって、年収を確認する場面があります。

プロ野球選手の年棒決めみたいに(たとえw)、書面で合意するんですよ。なので、これを裏切られることはよほどのことがない限りはありません。

取り扱い製品や、上司は、入手して変わる可能性は大いにあります。しかし、年収は変わらないので、年収はしっかりとこだわって決めて欲しいです。

福利厚生

気になりますよね。

ぼくが重視していたのは、住宅補助です。

「企業名 転職 住宅補助」で何度検索したことかw

年収に住宅補助を加えると、プラス100万とか行く人は行きますよ。

福利厚生という名のもと実態が見えにくいですが、年収プラス100万のオファーをもらっているようなものです。

こういう隠れたベネフィットをしっかりと明らかにすることを入社前に心がけましょう。

残業代

管理職でなければ、残業代をしっかり請求したいところです。(出ない会社であれば残業などすべきではない)

月の残業時間の制限の確認とあわせてしておきましょう。

面接では所属部署の長が面接官になるケースが普通だと思います。

ざっくばらんな質問の機会があれば、ぜひ聞きましょう。

現職で1年以上勤務+見切りを付けているなら、とにかく転職してみることをおすすめしたい

転職は当たり前の時代

大転職時代と言われて久しいです。

惰性で働いているくらいなら、転職活動を開始してみてもいいのではないでしょうか?

まずは、履歴書、職務経歴書を書いてみましょう。キャリアの棚卸しってやつです。

エージェントに登録してみるとか、何らかアクションを起こしてみることです。

今の会社に満足していれば別です。待遇はいいとかね。でもそうでないなら、アクション起こしても失うものはありませんよ。

転職すれば新たな経験を積める

同じ仕事を20年するのと、異なる2つの仕事を10年ずつ計20年するの、どっちが魅力的ですか?

人によって価値観がわかれるところでしょう。

色んな考えがありますが、巷では、異なる経験を重ね合わせることで、代替えの効かない人材になれる!と言われています。

このご時世、人にないものって重宝されると感じます。ユニークネスってやつです。そういう経験って、お金では買えないものだったりします。若いから、とか、頑張りを上司が見てくれていたから、とか、タイミングがよかったから、とか。

そういうチャンスをいつでも掴めるように準備をしておきたいところです。瞬発力高く反応しないと、貴重な機会ってすぐに逃げていきます。自分にとってプラスになるものは何か、常に思考を研ぎ澄ませておきましょう。禁欲と日記がおすすめです。

https://tadanohiroshi.com/%e7%a6%81%e6%ac%b2%e3%81%a8%e3%81%af%e8%b3%87%e6%9c%ac%e4%b8%bb%e7%be%a9%e7%b5%8c%e6%b8%88%e3%81%ab%e6%8a%97%e3%81%86%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e3%80%8c%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e8%a3%85%e5%82%99%e3%80%8d

また転職できる

転職に失敗するのが怖い?大丈夫です。また転職できます!(単純w)

べつに失敗しても命を取られるわけではありません。

むしろ、強くてニューゲームできる権利を得られるとしたらどうでしょう?ワクワクしませんか?

ぼくも転職して悪戦苦闘中です。また次いつ転職するかわかりませんが、「転職できる」と考えることができる自分は、なんだか頼もしいです。

折角だから楽しい人生歩みたいじゃないですか。

転職したら成功できるとは思わないですけど、成功のために転職というカードを切ることは利口なやり方だと思います。

【アラサー転職】いきなり丸投げされた件【炎上プロジェクト】 今の仕事、職場への嫌悪感が最大にまで高まったとき、人は転職に踏み切る。 もうこのままでは死ぬ、今すぐここから逃げ出したい・...

今の職場で飢え死にするくらいなら、どんどん転職しちゃいましょう。

皆様の転職活動の成功を祈念しております。

 

All the best,

特命リーマン

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA