働き方のコツ

世界的ライドシェアアプリ「ブラブラカーBlaBlaCar」を使ってみた

今回の記事は、ブラブラカーについて紹介します。

せっかくの海外旅行なのに、予定していた電車が急遽キャンセル。

バスも長蛇の列で、タクシーを利用したら数万円もかかってしまう・・・なんてことありませんか?

これはまさに先日のぼくです苦笑

そんなときに利用したのが、「ブラブラカー」というライドシェアアプリです!

一度は使ってみたいと思っていたのですが、ついの利用する日が来ました!

いや、これ本当にすごいです・・・

では早速ブラブラカーについて説明していきます!

ブラブラカーって何?

フランスで2006年に立ち上げられたスタートアップです。

運転手がこれから旅行する場所までの車の空席を売り出すというサービスを提供しています。

請求できる料金はガソリン代と有料道路の代金までで、利益を出すことは禁じられているようです。

つまり、乗客は割安で旅ができるし、ドライバーは旅費を捻出できる。両者がWIN-WINになれるサービスなんです。

いや、すごくないですか?笑

電車で行こうとすると約100ユーロくらいのところが、ブラブラカーだと20ユーロ。

タクシーだと300ユーロだったので、

ブラブラカー一択でした。

ブラブラカーとウーバーの違い

競争の相手が違うんですね。

ウーバーの競争相手はタクシー会社。

ブラブラカーの競争相手は飛行機のエコノミークラスとか電車。

ブラブラカーの利用者の平均移動距離は「320Km」と比較的長いのが特徴です。

ブラブラカーの起源

起源については、レイチェルボッツマンの著書「TRUST」から引用します。

41歳のフレデリック・マゼラが車の空席の市場を作ろうと思ったのは200312月のことだった。当時パリで仕事をしていたマゼラは、クリスマスに帰省する約束を家族としていた。

忙しさにかまけてぎりぎりまで電車の予約をしていなかった。電車は満席で、妹に2時間の回り道をさせて迎えにきてもらうことにした。

冬の夜に車を運伝しながら、ほとんどの車に一人しか載っていないことに気づいた。ドライバーだけで同乗者はいない。「おかしい、すごいムダじゃないか」とマゼラは気づいた。検索エンジンか何かで空席を掲載して、電車と同じように簡単に予約できたらどれだけいだろうか、と。

このビジネスの最大の懸念は信頼だった。ヒッチハイクとどう違うのか。見知らぬ人の車に乗り込むな、という教えにどう抗うのか。

ここに信頼の飛躍が必要になる。

ヒッチハイクを計画し、相手を信頼し、おカネを支払うようなサービスに変えなければならない。

最初の問題は個人の信頼ではない。このアイデアそのものへの信頼にあった。

最初のハードルは、ドタキャン。これを防ぐための施策が前払い制度。簡単だが非常に効果のある施策で一気にキャンセル率が下がったという。

オンライン決済や技術への理解が進み、信頼の阻害要因を取り除いた。

20174月時点で、ブラブラカーは22カ国で毎四半期1200万人を超える乗客をはこんでいる。

 

信頼獲得のロードマップ

ここから見える信頼の構図をみていきたいと思います。

まずはじめにアイデアを信頼しなければならないですよね。

次にプラットフォームと企業、そして最後に個人、ドライバーとか利用者が信頼に足る人物であるか、ということです。

 

最初の段階では誰もが少し居心地の悪さとリスクを感じるものです。

ですが、最後はそうした新しいアイデアが当たり前を超えて、なくてはならないものに見えてくるんですよね。

ウーバーとかAirbnbなんかも今では当たり前のサービスとなっていますよね。

信頼の飛躍を受け入れて、それができるとその先の行動が変わる、しかも変わるスピードは早かったりします。

以下「TRUST」から核心をつくメッセージを引用します。

新しいアイデアの創造者は、人々に切り立った険しい崖を登れと頼んでいるようなものです。まずは、登ってくれそうな人たちに、馴染みのある動きや手掛かりを見せて、未知の要因を減らし、最初の一歩を踏み出してもらわなければならない。それから、その切り立った岩肌を登ればどんないいことがあるのかを説明しなければならない。最後に、さきにその崖を登っている人たちが、その体験を楽しんでいることを伝えなければならない。間も無くすると、疑っていた人たちがわれ先に崖を登りはじめ、地上から遠く離れて、恐がっていたのが遠い昔の思い出になる。

 

使い方、ドライバー選定

簡単ですが以下が流れです。

  • アプリをインストール
  • 乗車場所、行きたい場所をアプリから入力
  • ヒット情報を確認
  • 良さそうな人がいたら申請
  • ドライバーの承認を得られれば乗車
  • 乗車中は適当に会話
  • あっという間に目的地到着

っていう感じですw

支払いは前述の通り前払い制です。ドライバーが乗車を承認したタイミングが支払いとなります。その後の乗車する人の都合でのキャンセルは返金不可です。

ぼくは女性ドライバーを選びました!w

男性だとなんとなく怖いというか、、女性のほうが優しい感じがする人が多い気がします。何より綺麗な人も多いですしねw

 

ぼくはフランス人の女性(24歳)の車に乗り込み、快適な旅を送ることができました。本当に彼女には感謝ですね。

もちろんレーティングも満点にしました。

レーティングは信用をはかる指標になりますので、満足いくサービスを受けられたらきちんろ評価することが、よりよい社会を作っていくキーになると思っています。

詳しい使い方など知りたい方がいらっしゃればお気軽にお問い合わせくださいね。ツイッターからでもOKです:)

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

All the best,

特命リーマン

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA