転職・就職

転職活動の初期段階でやりがちな間違い【自己対話のススメ】

こんにちは、特命リーマンです。

 

転職する決意をしたけど、何から始めたら・・・?

 

そんな悩みに答えていきます。

 

ぼくは3回転職活動して、最初の2回は失敗で終わりました。

理由は、転職活動の初期段階でミスったからです。

適切なやり方を身に付けることで、3回目にして悲願のアラサー転職を果たしました。

いまハッピーライフを送れています。

 

転職活動の初期段階でやりがちな間違い

とにかくインターネットで求人を探しまくる、です。

 

これはやってはいけません。

インターネットの世界に、答えは落ちていません。

 

自己対話のススメ

まず最初に取り組むべきは、自己対話です。

アウトプットは、自分の転職の軸を作ることです。

 

何だかんだ言って、自分のことは自分にしか分かりません。

 

自分が転職することで何を得たいのか、明確に文字にしましょう。

 

1個でもいいですし、10個でもいいです。

複数の希望が出たら、優先順位を付けましょう。

すべてを手に入れることはできません。

特に何を手に入れたいのか、自分に問いかけてください。

 

自己対話のコツ

時間・場所

集中して、深く自分と向き合う必要があります。

仕事のない日、午前中にお気に入りのカフェでやることをおすすめします。

 

平日の仕事終わりだと疲れて頭も働きません。

家は居心地がいいかもしれませんが、人の目がある場所のほうが、シャキッとして考えることに集中できます。

 

家にいるとYoutubeとかSNSとか、誘惑に負けてしまいかねません。

ぼくは土日の朝一にカフェに行って、昼くらいまでがっつり自分と向き合うことをやっていました。

冴えた頭で取り組めるので、おすすめです。

方法

以下内容について、箇条書きでつらつらと挙げていきましょう。

・今の会社の嫌な点

・今の会社の良い点、案外悪くない点

・ゼロベースでどんな環境で働きたいかを考える

今の会社の嫌な点をあげれば、その反対が求めたいことになるんじゃないの?

 

と思いますよね?

 

今の会社の良い点をあえて書いてみると、今の会社の嫌な点の反対内容と必ずしもマッチしないことがあるのです。例えば以下。

 

  • 嫌な点 → クレーム対応
  • 良い点 → 大口顧客を担当し大型テーマに関われる

 

クレーム対応のない仕事を探すこと自体が難しいというのはありますが、、大口顧客担当が案外好きなのであれば、クレームは不可避です。

逆にクレームは宝の山という言葉もあります。

大口顧客を担当する上で、クレームにうまく対処することほど、信頼を勝ち取る手はありません。

 

どんなクレーム対応が嫌なのか、もう少し深掘りしてみようかな、という行動に繋げることにもなり得ます。

 

思わぬ発見がありますので、ぜひ文字に起こしてみましょう。

ぼくの事例

ざっくり挙げるとこんな感じです。

嫌な点:   長時間労働、顧客とのパワーバランス、ストレスフル

良い点:   海外出張たくさん、エキサイティング

求めたい環境:残業極力ゼロ&年収

嫌な点と良い点が、必ずしも求めたい環境とリンクしていません。

つまるところは、優先順位であろうと思います。

 

残業を減らして年収を上げる、ということを求める中で、海外出張は犠牲になりました。

今の仕事にエキサイティング感はありませんが、それでもいいのです。

自分の時間が多く持てて、お金も増える。

これこそぼくが求めていたことだったのですから。

 

海外出張が犠牲になってもいいと思えたのは、仕事ではなく、プライベートで海外に行けた方が楽しめるためです。

回数は減るでしょうけど、そのぶん希少性が高まりより一層楽しめるはずです。

 

と言いつつも、いまはコロナのせいで海外どころではありませんが、また異動したら海外出張の可能性も増えるかもしれません。

結局、先のことなんてわかりません。

今の環境を楽しむとともに、やれることを頑張る、そうする中で見えていくる景色もあるはずです。

焦らずいきましょう。

 

自己対話の効果

一番のメリットは、転職先に何を求めるか、はっきりさせられる点でしょう。

ゴールが見えている状態に自分を持っていけるということです。

 

逆に自己対話が不完全であれば、ゴールが見えていない状態です。

そんな中で行き先を決められるでしょうか?

お、年収高そう!
お、勤務地近い!
お、この会社知ってる!

 

勢いで決めたとしても、ふと立ち返ると後悔しかねません。

転職して、すぐに転職したくなる、、、なんてことは避けたいですよね。

 

納得いく転職にするためにも、自己対話は重要になってきます。

 

就職・転職の軸について考えてみた こんにちは、特命リーマンです。 ブログに自分の思いのたけを発散すると、些かの快感があります。 自分の思いを誰かに聞い...

まとめ

 

・いきなり求人を探さない

・まずは自己対話を徹底して行う

・最終的に自分の転職の軸を作る

 

以上が、転職の初期の初期ステップとなります。

ここを踏み間違えると、ゴールが遠のいてしまいます。

求人を見付けて、応募する、その際にレジュメが必要になってくるし、面接対策も必要になってきますよね。

そのあたりは、今後の記事で自身の経験を踏まえて紹介していきます。

 

最後に:関連おすすめ書籍のご紹介

ふだん生活していると、なかなか未来のことを考える機会に遭遇しません。

なので、読書によって強制的にそのような機会を作りましょう。

自己対話を進める上で、読書はいいスパイスになってくれます。

定期的に本を読み、思考の幅を広げていきましょう。

 

 

 

All the best,

特命リーマン

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA